私たちは今何をすべきか

世界や日本は、さまざまな理由により混沌としており、先が読めない状況にあります。私たちはこれから、どのように仕事をしていけばよいのでしょうか。

誰もがそれを考えて不安な日々を過ごしていると思います。しかし、私たちは止まってはいられません。自分や自分の生き方を見つめ直し、事業を振り返り、何が不足していたのかを把握したうえで、やりたいことややらなければならないことを明確にする必要があります。やろうと決めたことを堂々と実行していかなければならないのです。

しかし、目の前には変えようとしても変えられない多くの障害があります。不確実な時代に、この障害を乗り越え道を進むのはとても大変なことです。

ただ一つ確かなものがあります。
それは自分自身です。自分の行動は自らの意思により、どのようにでも変えられます。もちろん変革を阻害する多くの障害はありますが、自分が変わりさえすれば、自分を取り巻く環境を変えることは可能です。世界経済の動きに影響を与えることからすれば、身の回りにある障害を乗り越えることは、明らかに容易だと思います。

自分がやりたいこと、やらなければならないことを行うためには、まずは自分が変わる。そして自分の周りを変えていくことが必要です。自分を変えるためには、やりたいこと、やらなければならないことを心に決め約束し、そのことを絶対に達成するという強い思いをもたなければなりません。

思いを信念に変え、行動に結び付けていかなければならないのです。